パワーアップして豊かな人生 > バレーボールの基本ルール

バレーボールの基本ルール


女の子の性の悩み解決グッズ

1. バレーボールのセッターの役目とは?

バレーボールのセッターの役目は、スパイクのためのトスを上げることです。
セッターがスパイカーに良いトスを上げることで、得点に繋がってきます。
ただ、セッターの役割はトスを上げるだけではありません。
試合全体を常に見渡して、一瞬で判断をした上で、作戦を選んでスパイカーを的確な所に動かし、スパイカーに合わせてトスを上げるという役目があります。
セッターはチームの心臓部と言ってもいいでしょう。
セッターは裏方的で目立たないことが多く、スパイカーのように相手コートにボールを決めるという華やかな面はもっていませんね。
しかし、ゲームをコントロールしたり、ゲームを自分で組み立てるといった、セッターでしか味わえない楽しみもたくさんあります。
セッターは試合でスパイクを打つことがありません。
でも、相手の攻撃が乱れない限り、必ずセッターを経由して反撃することになりますので、誰よりもボールに関わる回数が増えるでしょう。
そのため、良いレシーブや良いトスを上げてアタッカーに繋げられるよう、トスやレシーブの質を追求しなくてはいけません。
トスの良し悪しやレシーブで試合の流れが変わってくるということを、常に感じ、考えていなくてはいけないでしょう。
バレーボールのセッターは、司令塔としてチームをまとめていくため、リーダーシップも必要です。
それに、試合全体を見渡して冷静に客観的に判断できる力も必要になります。
一見、地味なポジションですが、非常に奥の深い、やりがいのある役目だと言えるでしょう。


2. バレーボールのレシーバーの役目とは?

バレーボールのレシーバーには、得点を作るためのチャンスボールを作るという重要な役目があります。
試合中には、ボールがどの位置にくるかを常に予測し、いち早くボールの来る位置に入らなくてはなりません。
相手の攻撃によっては、ボールに飛び込んでいかなくてはいけないこともあるでしょう。
レシーバーはボールを受け、確実にセッターにつながなくてはいけない責任重大なポジションです。
ピンチを救うのはレシーバーと言われる程ですので、かなり度胸のいるポジションだと言えるでしょう。
また、レシーバーは、ブロックの指示を出すポジションでもあります。
レシーバーは的確なブロックの指示を出せるように、常にコートの後方でチームの様子や相手の攻撃をしっかりと見ながらプレイに望まなくてはいけません。
そのためにも、レシーバーはブロッカーとの信頼関係が必要になってきます。
レシーバーとブロッカーの信頼関係ができると、ブロッカーも自分のブロックに集中することができ、強いチームを作ることができるのではないでしょうか。
レシーバーは、レシーブだけを専門に行うポジションだと思っている人も多いことでしょう。
しかし、レシーバーは基本的にはレシーブをしますが、サーブを打つこともありますし、トスを上げることもあるのです。
レシーバーは色々なポジションのことを理解し、的確な判断力や行動力、技術力を磨く必要があるかもしれません。
チームを強くするためには、レシーバーが要となるでしょう。


3. バレーボールのセンターの役目とは?

バレーボールのセンターの役目は、主にブロックや速攻などの攻撃です。
そのため、センターは一般的にミドルブロッカーと呼ばれています。
センターは前衛3人のうちの真ん中に位置し、クイックやブロードなどの速さを重視した攻撃をしたり、ブロックの要として試合中に活躍する重要なポジションです。
世界レベルの大会でクイックや速攻という言葉をよく耳にすることがあるでしょう。
このクイックや速攻は、センターの重要な役目の一つで、高さや速さ、正確さが必要となる攻撃です。
セッターからのトスを素早くセンターが打つことが大切で、得点に繋がる重要な攻撃となっています。
なので、センターは高さや速さに対応した練習を積むこととなるでしょう。
センターの最も重要な役目となるのは、やはり、ブロックです。
ブロックは、素早い移動のステップや反応の速さに加え、相手とのネット際の駆け引きや視野の広さも必要となるため、高さだけでなく多種多彩な技術を要します。
センターは、相手からのボールをブロックをするために一ゲームで何度も飛んだり、素早く走ったりといった動作が必要なため、運動量がとても多く、体力の消耗も激しいポジションです。
しかし、速攻やクイックで攻撃を決めたり、ブロックをすることでチームを盛り上げることができ、チームを活気づけることができるため、結束力を強める役目も備えていると言えるのではないでしょうか。


4. バレーボールの基本的なルールとは?

バレーボールには、細かいルールがあります。
基本的なルールとして、まず、覚えておきたいことは、ボールのアウトとインの判定です。
試合中にコートのライン上に落ちたボールはインとされ、ラインに触れていない場合はアウトとして判定されます。
また、プレイ中のルールとして、3回以内に相手にボールを返さなくてはいけないというタッチ回数のルールもあります。
同じプレイヤーが2回連続でタッチできないという決まりもありますよ。
さらに、サーブにもルールがあります。
サーブの時には、エンドラインを踏んではいけません。
主審がサーブの合図を出してから、8秒以内にサーブを打たなくてはならず、サーブを受ける側にもサーブをブロックしてはいけないというルールがあります。
バレーボールは、6人制と9人制というスタイルがあり、基本的なルールにも少し違いがあります。
6人制と9人制で違いのあるルールは、ポジションのローテーションです。
6人制の場合は、時計回りにポジションを移動しなくてはいけないのに対し、9人制はローテーションの必要がありません。
また、ボールタッチのルールにも違いがあり、6人制の場合は、ブロックはボールタッチの回数にカウントされないのですが、9人制ではブロックもボールタッチとしてカウントされてしまいますので、気をつけなければいけません。
バレーボールには様々なルールが存在し、プレイする人数によってもルールが変わってきますから、試合を行う前に、まずは基本となるルールをしっかりと身につけましょう。


5. バレーボールの基本的なサーブの打ち方とは?

バレーボールの基本的なサーブといえば、アンダーハンドサーブではないでしょうか。
アンダーハンドサーブの打ち方は、片手にボールを持ち、腕を前方のやや下の方に伸ばし、ボールを持った方の足を前にだします。
この時に重心を下半身にもっていき、軽く膝を曲げるようにするのがコツですよ。
構えの体勢がとれたら、この状態から腕を後ろに引き、ボールを持った手でトスを出し、相手コートに押し出すようなイメージでボールを打ちます。
ボールを打ち出す時には、手首でボールの下側を打つように意識してみると良いでしょう。
アンダーハンドサーブは、重心移動も重要となります。
構えの時に、下半身・後方に置いていた重心をサーブを打つ時には、上半身・前方へと移動します。
アンダーハンドサーブは、勢いのあるサーブではありませんが、相手のコートに確実に入るように練習をすれば、外す確率の低い安全なサーブとして使用できるでしょう。
コースをコントロールして、狙って打つことも十分に可能ですので、基本的なフォームや打ち方をしっかりとマスターし、実践で使いたいですね。
バレーボールといえば、攻撃力の強いかっこいいサーブが魅力ですよね。
難易度の高いサーブを打ちたいと思うかもしれませんが、最初は基本を固めてからですよ。
基本のサーブができなくては、難易度の高いサーブは決めることができませんので、焦らずに基本的なサーブから練習していきましょう。


6. バレーボールのサーブの種類って?

バレーボールのサーブは、何種類もあります。
アンダーハンドサーブ、フローターサーブやジャンピングフローターサーブ、サイドサーブやジャンプサーブなどが主なサーブです。
アンダーハンドサーブは、失敗する確率の低い安定したサーブですが、その反面、勢いが付きにくくサービスエースにはなりにくいという欠点も持っています。
フローターサーブはバレーボールの試合で良くみかけるサーブですよね。
フローターサーブはコントロールを重視したサーブで、フローターサーブを自在に打てるようになると、打点の位置を変えてサーブに変化をつけることもできます。
さらに、パワーを追加するためにジャンプを入れ、ジャンピングプローターサーブとして打つことも可能ですよ。
また、力の弱いプレイヤーでも強いサーブが打てるのがサイドハンドサーブです。
体重を乗せて振り抜くように打つサーブのため、強いサーブを打つことが可能となります。
難易度は高いものの、攻撃力と破壊力があるのがジャンプサーブです。
助走をつけてジャンプし、トスを上げたボールをジャンプの最高到達点で打ちこみます。
トスの上げ方や体重の移動、助走やボールのタイミングなど、強いサーブを打つためには全部の条件が揃わなくては成功しないので、何度も練習して自分の体に叩き込まなくてはいけないサーブです。
バレーボールの攻撃の起点はこれらのサーブです。
攻撃的なサーブをしたり、安全に相手コートに入れるサーブをしたり、状況に応じて使い分けていくとよいのではないでしょうか。


男は自慢のペニスに 女は自信の名器へ大改革

パワーアップして豊かな人生へ戻る