パワーアップして豊かな人生 > 卓球のサーブとレシーブ

卓球のサーブとレシーブ


女の子の性の悩み解決グッズ

1. 卓球のラケットの種類とは?

卓球のラケットは、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
実は、卓球のラケットは、何枚もの木材を重ねた上にスポンジとゴムシートを重ねて作られています。
握手という意味のシェイクハンドと、ペンを持つようにグリップを握るペンホルダーの日本式と中国式、ハンドソウという四種類のラケットがあります。
世界卓球などの卓球競技でよく目にするラケットは、シェイクハンドと呼ばれるラケットです。
このラケットは最も馴染みの深いラケットで、強い球が打ちやすいという特徴があります。
ヨーロッパの選手のほとんどは、このラケットを使用していると言われています。
また、ペンホルダーというラケットもよく見かけるラケットです。
ただ、こちらは世界卓球などに出場するような選手はあまり使わないラケットでしょう。
ペンホルダーの中でも、日本式と中国式の二種類に分かれます。
日本式はグリップにコルクが使用されており、ラバーが片面に貼られているのが特徴で、軽量なのですが、バックハンドでの強い打球が打ちにくいというデメリットも備えているラケットです。
一方、中国式は中国の選手がよく利用しており、持ち手の部分を短く切ったような形で、両面にラバーを貼っていることが多いようです。
さらにあまり見かけませんが、ハンドソウというラケットもあります。
これは銃を握るように持つタイプのラケットで、曲るドライブが打ちやすいというのがその特徴です。


2. 卓球のラケットの握り方とは?

卓球のラケットの握り方は、ラケットの種類によって異なります。
シェイクハンドの場合は、ラケットの根元に手を近づけて、人差し指をラバーに固定し、残りの指で握手をするようにグリップを握ります。
この時にラケットの根元と手が離れてしまうと、ラケットをコントロールしにくくなることがあるので気をつけましょう。
また、握る時に力が入ってしまうと、手首の自由が制限されてしまうので、軽く握るようにするとよいですよ。
ペンホルダーの場合は、まず、グリップの根元をペンを持つように握ってみましょう。
親指と人差し指でしっかりとグリップを囲むように握ることができたら、これがペンホルダーの握り方となります。
握る時には、裏側に添える指は開かないようにするのがポイントですよ。
裏の指が開いてしまうと、バックハンドを打つ時に手首の返しがしにくくなってしまうので気をつけましょう。
それに、ペンホルダーの握り方は、日本式のラケットと中国式のラケットで、握り方が少し異なります。
日本式の場合は、ラケット面が安定しやすいように、指を伸ばす握り方をします。
中国式の場合は、バック面を使うことが多いため、指を曲げて握ることが多いようです。
シェイクハンドの場合もペンホルダーの場合も、ラケットを握る時には、深めに握る・浅めに握るなどの方法があります。
これらは個人差があるので、打ちやすい、スイングしやすい、握りやすくてしっくりくるポジションを自分で探してみるとよいでしょう。


3. 卓球の基本の構え、フォームとは?

卓球の基本の構えは、前後左右どちらでも素早く動いて打てる姿勢になっています。
テレビや実際の卓球大会の場で、卓球選手が腰を落として構えている姿を見たことはありませんか。
卓球台に向かい、つま先をやや開き、腰を落として相手を見ているあのフォームが、卓球の基本的なフォームなのです。
重心を足全体やかかとにべったりと乗せてしまうと、素早く動くことができないので、つま先を意識して前の方に重心を乗せるようにするとよいですよ。
基本的な構えでは、フォームだけでなく、立つ位置も重要です。
卓球台に向かってラケットを持ったまま、手を伸ばしてみましょう。
ラケットの先が卓球台につくぎりぎりのところまで移動します。
そして、右でラケットを持つ方は、そのまま左へ移動し、センターラインの左寄りに移動します。
左でラケットを持つ方は、この逆で右に移動しましょう。
この位置が基本の位置となります。
卓球の基本の構えとして、ラケットの位置も気にすると良いでしょう。
ラケットはやや内側に向け、どこから球がきても瞬時に動いて打ち返せるように相手を狙うように構えます。
これらのことに気を付けて構えるのですが、構える時にフォームを意識しすぎて力が入りすぎたり、前のめりになってしまわないように気をつけましょう。
特に、体の色々な関節の余分な力を抜き、自分でリラックスできるポイント見つけることが重要です。
正しい基本の構えをしていると、プレーでも最大限に力を発揮することができますよ。


4. 卓球におけるサーブの打ち方とは?

卓球におけるサーブの打ち方には、様々な種類がありますが、どのサーブにも共通するルールがあります。
それはサーブトスの時に、最低16センチ以上のトスを上げること、球を隠すように打たないこと、サーブ時にラケットが卓球台の下であってもよいということです。
卓球のサーブは、このルールを守って打たなくてはいけません。
そのためには、ルールにのっとったサーブの打ち方を練習しましょう。
まず、手の平を床と平行にし、手の平の上に転がっていかないように球を乗せます。
その後、肘から先を使い、垂直に放りあげるようにトスをあげましょう。
この時に、16センチ以上投げなくてはいけないので、16センチ以上あがっているかを確認しながら練習すると良いですよ。
トスで上げた球が最高点に達して、落ちてくる時にサーブを打ちます。
トスの高さが高くなればなるほど、打つタイミングがとりにくく、サーブがとても難しくなりますので、トスをただ高く放りあげるだけでなく、上げる高さにも気をつけましょう。
また、卓球台の上でトスを投げることも反則になるので、卓球台から離れた位置でトスを上げてください。
卓球のサーブでは、自分のコートにワンバウンドさせてから、相手のコートに入れなくてはいけません。
最初は難しいかもしれませんが、何度もやるうちに体が慣れてきますので、何度も繰り返しサーブの打ち方を練習しましょう。
サーブは卓球をプレイする上で絶対に必要となります。
正しいサーブの打ち方を身に付けて、実践で使えるようにするといいですね。


5. 卓球のサーブの種類とは?

卓球のサーブには、いろいろな種類があります。
下回転サーブや横回転サーブ、ナックルサーブやバックハンドサーブ、天井サーブや王子サーブというものもあるのです。
下回転サーブは、球に下回転をつけるサーブのことで、球の下の方を斜めに切る様にして打ちます。
下回転サーブは、下回転の鋭さがポイントで、鋭ければ鋭いほど、相手が返しにくい球となるでしょう。
また、横回転サーブは、打った球が横に曲がるサーブで、横に切るように繰り出されるサーブのため、別名横切りサーブとも呼ばれています。
横回転サーブは、相手の対角線上の台の端に立ち、相手のバックハンド側に打ちます。
相手のスマッシュやドライブを防ぐことができるサーブで、比較的打ちやすいサーブと言えるのではないでしょうか。
ナックルサーブは、無回転サーブと呼ばれ、回転のかからない、ただ前に押し出しているだけのサーブです。
一見、簡単なように感じますが、初心者には難しいサーブなんですよ。
このサーブは、下回転サーブに見せかけて体ごと下方向にずらし、ボールを前に押し出すように打つといったちょっとしたテクニックが必要となります。
他にも、バックサーブというバックハンド側から打つサーブや高い位置にトスを上げる天井サーブ、世界卓球でも必殺サーブとして利用されている王子サーブなど、卓球にはたくさんの種類のサーブがあります。
色々な種類のサーブを練習して打てるようになると、卓球がより楽しくなるかもしれません。


6. 卓球のレシーブのコツとは?

卓球のレシーブのコツは、相手がどんな回転のボールを打ってくるかを見極めることです。
相手のボールの回転に合わせて打つためには、まず、ボールの回転の特性を知って、回転に対応したレシーブを繰り出すことが必要となってきます。
ラケットに対して垂直にボールが当たった場合、上回転のかかったボールは上の方へ跳ね返ります。
逆に、下回転のかかったボールは下方向へ、右回転のかかった球は右へ、左回転のかかった球は左へ跳ね返ります。
上手くレシーブをするには、これらの回転に合わせてラケットの角度を調節しましょう。
基本となるレシーブには、つっつきレシーブやストップレシーブ、フリックレシーブなどがあります。
つっつきレシーブは下回転のボールを受ける時にコントロールしやすく、卓球台と平行、もしくは、先端を下げた角度で、相手のボールの下側をカットするのがコツです。
また、ストップレシーブは勢いのある相手の攻撃をストップさせ、流れに変化をつけるレシーブといってもよいでしょう。
レシーブは相手のネット際に落とすように打つと、得点に繋がりやすいですよ。
フリックレシーブは、下回転のかかった相手の球に上回転をかけて打ち返すレシーブ方法です。
手首の素早い返しがコツで、ボールの上をカットするように打ちます。
ボールに対するレシーブの仕方やラケットの角度などのレシーブのコツをしっかりとつかみ、ゲームで上手く使えるようになるとよいですね。


男は自慢のペニスに 女は自信の名器へ大改革

パワーアップして豊かな人生へ戻る