パワーアップして豊かな人生 > 慢性胃炎と急性胃炎【原因/治療】

慢性胃炎と急性胃炎【原因/治療】


女の子の性の悩み解決グッズ

1. 慢性胃炎の症状って?

慢性胃炎の症状には、どのようなものがあるかご存知ですか。
実は、慢性胃炎は無症状であることが多い病気です。
症状としては、腹部膨満感や食欲不振、腹部不快感、胸やけなどが一般的ですが、これらは慢性胃炎に特徴的な症状というわけではありません。
なので、症状だけで慢性胃炎と診断することは難しいです。
もちろん、1か月以上も持続して起こるようなら、慢性胃炎が疑われます。
それに、胃に炎症症状が現れた時には、吐き気や痛みを伴うでしょう。
慢性胃炎を発見するためには、検査を行わなくてはなりません。
その際、胃の内視鏡検査が有用です。
口、または、鼻からカメラの付いた管を入れて胃の中を直接検査し、必要があれば、胃の細胞の一部を採取するという検査です。
慢性胃炎そのものはどんな病気なのかというと、胃の粘膜の状態によって判断されています。
・表層性胃炎・・・胃粘膜表面で軽度炎症がある状態。
・びらん性胃炎・・・炎症が起きて胃粘膜表面がえぐれたような状態。
・委縮性胃炎・・・胃粘膜に委縮が起こった状態。
・肥厚性胃炎・・・胃の粘膜表面が通常よりも厚くなった状態。
慢性胃炎の中で最も多いのが、委縮性胃炎だそうです。
慢性委縮性胃炎になると、胃がんの発生率が高まってきます。
そういったことから、慢性委縮性胃炎と診断された場合は、年に一度程度は定期的に検査を行っていく必要があるのです。
最近では、ヘリコバクター・ピロリ菌が常在していることにより、慢性胃炎を起こす原因になることがわかってきて注目されています。


2. 慢性胃炎の原因って?

慢性胃炎になる原因って、どんなことなのでしょうか。
まず、一番に挙げられる原因としては、暴飲暴食です。
胃に負担をかけすぎることにより、胃の粘膜を傷つけてしまいます。
甘いものや脂肪分の多い食べ物は、胃の機能を鈍らせてしまいます。
香辛料の取りすぎも良くありません。
こういう食生活を送ることで、胃が無理をしてしまうのです。
二番目に挙げられる原因としては、過度のストレスです。
過度のストレスは、胃の血流障害を引き起こしてしまいます。
その結果、胃の粘膜を傷つけてしまうのです。
不規則な生活や喫煙に関しても同様に、血流障害を引き起こしてしまう可能性が高いです。
三番目の原因としては、ヘリコバクター・ピロリ菌が挙げられます。
ヘリコバクター・ピロリ菌は、慢性胃炎を引き起こす菌であることがわかっています。
日本人は特にピロリ菌の感染者が多いと言われていますし、この菌は胃がんとも関係が深いと言われています。
なので、慢性胃炎を予防するためには、暴飲暴食を避け、胃にやさしい食物を摂ること、ストレスをため込まないこと、疲労しすぎないこと、規則正しい生活を送ることが大切です。
また、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染していないか検査を受けてみると良いでしょう。
ピロリ菌に感染していた場合は、除菌を行う必要があります。
定期的に検査を受けて、胃の状態を確認しておくのもお勧めです。
検査には胃のレントゲンや胃の内視鏡などがあります。


3. 慢性胃炎の治療方法って?

慢性胃炎の治療方法について、ご説明していきます。
慢性胃炎そのものは無症状なものが多いですから、そういう場合は治療を行う必要はありません。
吐き気や胃部不快感などの症状があれば、その症状を緩和・改善する薬物を内服します。
胃の粘膜が荒れているようなら、粘膜保護薬などを使用しますし、ヘリコバクター・ピロリ菌がいる場合は、除菌を行います。
しかし、一番大切なのは、普段の生活から慢性胃炎の原因になる要因を取り除くことです。
日頃の生活を振り返ってみて、胃に負担を掛けていると思われる部分があれば改善していきましょう。
煙草を吸っている場合は、止めるように努力します。
暴飲暴食の生活を送っているのなら、腹八分目を心がけるようにしてください。
また、消化の良い食べ物を摂るようにすることも大切です。
甘いものや脂肪分の多い食べ物も控えた方がいいでしょう。
香辛料もほどほどにしておいた方がいいです。
常に、胃にやさしい食事を意識して生活するようにします。
また、ストレスの多い生活を送っているのであれば、少しでもストレスを軽減していきましょう。
不規則な生活を送っているのであれば、規則正しい生活を送るように心掛けます。
慢性胃炎の診断を受けた場合は、定期的に検査を受ける必要があります。
慢性胃炎がひどくなっていないか、年一回程度は確認するようにしなくてはなりません。
慢性委縮性胃炎は胃がんのリスクも上がりますから、必ず検査を受けるようにしましょう。


4. 急性胃炎の症状って?

急性胃炎とは、日常的に誰にでも起こりうる病気です。
胃の粘膜に何らかの原因で、急激に炎症を起こした状態を言います。
胃の病気の中では一番多いのが、急性胃炎なのです。
おそらく、ほとんどの人が、症状の重さの違いはあれど、経験したことがあるのでないかと思います。
それでは、急性胃炎とはどういう症状なのでしょうか。
急性というくらいですから、症状は突然始まります。
胃部の辺りに痛みを感じますが、特にみぞおち付近に激しい痛みがあるでしょう。
吐き気や嘔吐、腹痛などが起こります。
症状の強さは様々で、ひどい時は下血や吐血も伴うのです。
あまりにも症状が激しいと、重い病気じゃないかとか、もう死ぬのではないかとか錯覚してしまうくらいつらいでしょう。
通常は、一日から数日安静にして、胃腸薬を服用することで治まります。
胃が荒れているので、無理に食べると症状が強くなる可能性があります。
様子をみながら栄養補給していきましょう。
痛みや嘔吐が激しい場合や数日経っても改善がみられない場合は、病院に行って診てもらう必要があります。
急性胃炎だと思っていたら、違う疾患だったという可能性もありますから注意されてください。
同じようにみぞおち近くが激しく痛む疾患として、胆石症、胆のう炎、急性膵炎などがあります。
場合によっては、入院や手術が必要な場合もありますから、必ず病院に行って診てもらうようにしましょう。
病院に行って、きちんと診てもらっておけば安心です。


5. 急性胃炎の原因って?

急性胃炎が起こる原因として、大きく関係しているのが胃酸です。
胃酸は、食べた物を消化する働きに関与しているのですが、胃酸がたくさん出てしまうことによって、胃の粘膜まで溶かしてしまいます。
通常は、胃酸と胃の粘膜のバリア機能はバランスよく保たれているのですが、何かをきっかけとして、このバランスが崩れてしまうことがあるのです。
そのきっかけになる要因が、暴飲暴食、刺激物の過剰摂取、飲酒、薬剤、寄生虫、細菌、ストレスなどです。
バランスが崩れることによって、胃炎が起こります。
コーヒーを一日に何杯も飲むと、胃が気持ち悪くなった経験はありませんか。
コーヒーを飲むのをやめて、しばらくすると、治ったりしませんでしたか。
忙しすぎたりして、ストレスを過度に感じると、胃のあたりが痛くなったりしませんか。
ごちそうを食べすぎて、少し気持ちが悪くなったかと思うと、しばらくして嘔吐や本格的な胃痛が始まった経験はないでしょうか。
急性胃炎は、本人自身がなぜ起きたのかをわかっている場合が多いです。
一口に急性胃炎と言っても、症状の重さは様々です。
痛みが軽くて、市販の胃薬を飲んで寝ていればすぐに治ることもありますが、冷汗が出るほどの激しい痛みの場合もあります。
激しい痛みの場合でも、急性胃炎の場合は、二、三日すれば症状が緩和されます。
激しい痛みの場合は、他の病気との鑑別が必要になってくるでしょう。
また、急性胃炎は風邪やウイルス、アレルギーでも引き起こされることがあります。


6. 急性胃炎の治療方法って?

急性胃炎の治療方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
まず、胃の粘膜が急激に炎症を起こしてしまっているのですから、胃の粘膜を整える薬を服用します。
嘔吐がある場合は、吐き気止めの薬も服用する必要があるでしょう。
胃が炎症を起こしている時に薬を服用すると、再度吐いてしまうこともありますから、その場合は点滴や座薬などで症状を緩和させます。
急性胃炎は、その原因がはっきりしていることが多いものです。
治療に当たっては、その原因を取り除く必要があります。
暴飲暴食が原因であるのなら、絶食をして様子をみます。
吐き気が治まってから、水分を少しずつ摂り、消化の良いものを食べるようにします。
不規則な生活が原因であるのなら、睡眠を充分にとって、規則正しい生活を送るようにするといいでしょう。
薬が原因であるのなら、薬の使用を控えるか、薬の飲み方に少し留意してみると良いかもしれません。
急性胃炎の場合は、軽いものでは一日安静にしていれば良くなりますし、症状の酷いものでも二日から三日ほど安静にしていれば軽快する場合がほとんどです。
しかし、せっかく治ったところで、同じような生活をしていたら、また再発してしまいます。
急性胃炎を何度も繰り返すことにより、慢性胃炎になったりしますから、極力再発をしないように生活を改善するようにしましょう。
胃に負担をかけるような食生活を止めて、規則正しい生活を送ることが再発防止に繋がります。


男は自慢のペニスに 女は自信の名器へ大改革

パワーアップして豊かな人生へ戻る